レーザー脱毛

レーザー脱毛

レーザーを使った脱毛は、脱毛を望む部位にレーザーを当ててもらい、ムダ毛を生成する組織をつぶしてしまうメソッドです。
レーザーは光脱毛よりも強い威力を持つので、肌にとっては負担になり、強い痛みを感じることも多いです。
医師の監督を受けてでないと行いない方法ではありますが、家庭で使えるレーザー脱毛器も買うことができます。
医療脱毛といっても、施術するときなどは、前もって処理することが大事です。
ムダ毛の自己処理が行われていないと施術することができないため、カウンセリングで教えられたように処理することが推奨されています。
施術する日の前の日じゃなく、処理を何日か前にすれば、施術してから肌に異常が起こりにくくなるでしょう。
お風呂対応の脱毛器もあります。
お風呂の中で毛穴を開かせて脱毛器を使えば痛みも楽になりますし、周辺に毛が飛び散ってもシャワーだけで後始末ができます。
ただ、脱毛器の機種によっては激しく電池が消耗する場合もありますから、充電池での使用がいいと思います。
「トリア」は有名ではありませんが、日本に上陸して10年という歴史のある脱毛器。
ホームユーザーを対象としていながら、手軽に安全にレーザー脱毛ができるよう開発された製品です。
レーザー脱毛は医師でなければ施術できませんでした。
そのためエステサロンや脱毛サロンでは提供していません。
医師のいるサロンかクリニックでしか受けられなかったレーザー脱毛をトリアによる脱毛なら、自宅でできてしまうのです。
家庭用のコンパクトな機材なので、特殊なメンテナンスや資材の購入は必要ありません。
ベストコスメ大賞1位を受賞しており、購入者の90%が満足していると答えています。

リスクフリーで購入できるよう、30日間の返金保証がついているのも嬉しいです。
脱毛器を使ったけれど痛くて続けられるのか不安という相談を受けることがあります。
脱毛前の下準備として、肌を保冷剤や濡れタオルなどで冷やしておくと痛みを抑えることができます。
出力調整機能がある機種なら、出力を下げてみましょう。
もちろん、出力が高いほうが脱毛効果は高いです。
しかし、痛みを耐えて脱毛していても、あとで火照りなどが出ることもありますし、続けられないと思うのです。
調整機能がついているのは、それぞれに最適な状態で施術するのを考えられているためです。
弱いなりの効果はあるので、時間はかかりますが、気長に続けていきましょう。
パナソニックのビューティー家電のひとつ「ソイエ」という脱毛器は、「抜く」方法です。
お風呂で泡立てた毛を専用ヘッドでからめとって抜けば痛くないという理論のようですが、痛みや刺激を伴うことが多いようです。
部位によっては使えないでしょう。
普段から毛抜きで抜いている人なら簡単に出来て良いかもしれません。
でも、毛抜きなら痛みを加減しながら抜くことができますが、血が出たり、再発毛してきたときに埋没毛が出来て、自分には合わなかったのかもという刺激あるある的な感想も見受けられます。
一方で、何度かリニューアルされていて愛用者も多く、脱毛を繰り返すことで抜けやすくなり、痛みが減っていくという意見もあります。
痛みがあまり気にならない方なら向いているかもしれません。
家庭用の脱毛器といっても方式やオプションの違いで価格もさまざまです。

比較するときには、やはり、実際に使ってみた人の感想を見ると、参考になります。
販売店のサイトや、メーカーの商品詳細ページなどではきれいな仕上がりのイメージ写真や、メリットなどが書かれていますが、使い続けてみると抜けるけど、これはちょっとという意見もあるようです。
特に、脱毛器の音、刺激感、痛みなどは、問題になりやすい点です。
できるだけ多くのレビューを読んで参考にしてから、脱毛器を選ぶようにしましょう。
楽天ランキング1位を受賞したこともあるツーピーエスは、サロンクラスの高出力を誇る家庭用のIPL光脱毛器で、アンダーヘアも自宅でラクラク処理できます。
脱毛用の替カートリッジは楽天などで通常よりお得な価格で購入できますが、美肌用のカートリッジに交換すると、フェイシャルエステマシンとしても使えて、もっと安価なカートリッジの製品もありますが、ツーピーエスのカートリッジは132000回照射でき、10回照射しても0.5円。
それもレベル4で換算しているため、弱い出力ならもっと照射可能です。
とてもリーズナブルな値段で全身用の脱毛器として使用できるでしょう。
ハイパワーな製品なので、出力も細かく8段階に調整することができ、ユーザーの使用感に配慮されている点もこの製品の特徴です。
脱毛サロンと比べて、クリニックが違うといわれる点であげられるところは、光脱毛が脱毛サロン、クリニックだとレーザー脱毛です。
レーザー脱毛の方が、効果が優れていますが、強い痛みで、料金設定が高額になっています。
それに、クリニックと言っても、絶対的な安全が保証されているわけではないのです。
脱毛するのにワックスを使用する方は日本では珍しいかと思われます。
ですが、よその国ではよくやるムダ毛の抜き方です。
ムダ毛処理用ピンセットなどを使うよりも、手間いらずで、自分でワックスを作成すれば脱毛に掛けなければいけないお金もグッと少なくできますね。
ただし、抜くときはチクッとしますから、痛いのが苦手なタイプなら避けるべきです。

 

トップページに戻る

関連ページ

格安すぎる脱毛サロン
安すぎる脱毛サロンって大丈夫?
脱毛サロンの選び方
脱毛サロンの選び方を、解説します。
ワックス脱毛
ワックス脱毛に関していろいろ書きます
リンリン
リンリンに関していろいろ書きます
銀座カラー
銀座カラーに関していろいろ書きます
電気シェーバー
電気シェーバーを使って脱毛すると、手軽にできて、あまり肌への負担はかかりません。
脱毛の痛み
同じ脱毛器を使っていても、ときどき痛いと感じられるときがあります。
ケノン
家庭用の脱毛器ケノンは、派手なCMなどは見かけませんが、楽天市場の脱毛器ランキングで160週間ずっと首位をキープしつづけています。
泡脱毛
ソイエやアミューレで知られる脱毛器は、泡脱毛で処理することになります。