脱毛の痛み

脱毛の痛み

同じ脱毛器を使っていても、ときどき痛いと感じられるときがあります。
個人差もありますし、同一人物でも部位によって感覚が違っていたりするので、避けられないことです。
そんなときは、脱毛前の下準備として、肌を保冷剤や濡れタオルなどで冷やしておくと肌の感じる刺激を和らげることができます。
もし出力を調整できる脱毛器を使っているのなら、出力を下げてみましょう。
もちろん、出力が高いほうが脱毛効果は高いです。
しかし、痛みがつらかったり、脱毛後のほてりなどがあったりしたら、結局、使わなくなってしまうのではないでしょうか。
一番強い出力で大丈夫な人と、そうでない人がいます。
弱い出力でも効果が得られるように設定されていますので、焦らず、無理のない脱毛をしていきましょう。
トリアは家庭用としては珍しくレーザー脱毛ができるよう開発された製品です。
レーザー脱毛は専門の技術者しか扱えないため、エステサロンや脱毛サロンでは提供していません。
クリニック限定だったレーザー脱毛が家庭でできるのですから、驚きです。
特別な機器だからランニングコストが必要かというと、そんなことはありません。
購入した人の満足度が高いのも特徴で、なんと9割ものユーザーがトリアの効果には満足しているそうです。
2年間という品質保証期間があるうえ、もし満足できなかった場合は30日以内であれば返品することも可能です。
中には、毛抜きを使って地道にというムダ毛処理を選ぶ人には、悲しいかな、手間ひまかけなければいけない上に、肌を傷つけるので要注意です。
そこから埋没毛や炎症へと繋がるので、可能な限り他の方法で脱毛するのがオススメです。

でも、やっぱり毛抜きが一番、というあなたには、お風呂で毛穴を十分開かせて、汚れてない毛抜きを使うことと、その後の保湿が重要です。
脱毛器を選ぶとき、人気の高いものに目がいくかもしれませんが、人気があるからといって評判通りの効果を有しているかというと、そうも言えません。
芸能人のクチコミや、わかりやすいCMなどで本来の効果より高い評価を得ているものも、ないわけではないと思うのです。
クチコミサイトで確認してみたらこれがナンバーワンセールス商品なのかと疑うほど、評価が低いことも稀ではありません。
合計○○台出荷!とか、よく聞く会社名だからといって安易に判断せず、本当に満足のいく効果が得られるかどうかで選ぶべきでしょう。
いまは比較サイトも多く、数多くのクチコミが確認できますから、確認しないで購入すると、後悔してしまうでしょう。
脱毛はケアが肝心。
とにかく欠かせないのはサロンからの指示を守って保湿します。
脱毛後、周りの肌はしばらく乾燥しやすくなります。
肌の乾燥は様々なトラブルの元になりますから、保湿は普段よりもしっかり行いましょう。
それと、脱毛処理をしたところは紫外線が当たらないようにしてください。
温泉や岩盤浴などでは雑菌が繁殖しやすくなっています。
脱毛したところへの感染を防ぐために、利用を控えましょう。
レーザーを利用して脱毛する場合、脱毛してほしい所に照射を受けて、ムダ毛を生み出す細胞組織をつぶしてしまうメソッドです。
光脱毛よりも強い威力をレーザー照射はもっているため、肌に悪影響を与えることがあり、強く痛みを感じるケースもあるでしょう。
医師の監督のもとに行うことになっていますが、普通の家庭でも使えるレーザー脱毛器も売られています。

最近になって、料金の設定を時間単位で行っている医療脱毛が受けられるクリニックが増えている、というのも事実です。
医療脱毛といえば高いと感じるかもしれませんが、30分間レーザーし放題のプランを選択すれば、ムダ毛が気になるところをすべてまとめて脱毛することが可能かもしれません。
とりあえず腕はこの程度でいいかな、と思うけれど、ワキ、脚はもっと脱毛しておきたいなと思うような場合にも便利なことは間違いないです。
ムダ毛の処理を自分で行っていると、少なくない確率で肌が一部黒ずんでしまいます。
その箇所のみ色が変わると、肌が汚れて見えてしまいますので、跡が残らないような処理方法を選択してください。
起きてしまった色素沈着の対応には、フォトフェイシャル効果でシミを消す方法を行うのがオススメです。
家庭用の脱毛器を使用した脱毛後は、お肌がほてったり赤くなることがありますが、常温程度で構いませんのですぐに水で冷やすか、風をあてるようにするとじきに治まります。
肌が赤くなるのは脱毛処理に伴う炎症のせいですので、即冷・清潔が第一です。
冷やしても炎症が改善が見られない、あるいは悪化するようなときは、そのままにせず、皮膚科で相談しましょう。
炎症が悪化して赤み以外の症状(化膿など)が出てきたら、放っておいてはいけません。
医療脱毛は高い、という先入観があるかもしれませんが、近年では価格の方もかなり下がりつつあって、心配なくサービスを受けることができるようになってきています。
でも、コストダウンが実現したといっても、脱毛サロンやエステに通うことと比較してみると、高いと実感することが多い、というのが現実かもしれません。
それと、どう考えても安過ぎる価格でサービス提供を行っているようなところはスタッフの技術レベルが低いかもしれません。

 

トップページに戻る

関連ページ

格安すぎる脱毛サロン
安すぎる脱毛サロンって大丈夫?
脱毛サロンの選び方
脱毛サロンの選び方を、解説します。
ワックス脱毛
ワックス脱毛に関していろいろ書きます
リンリン
リンリンに関していろいろ書きます
銀座カラー
銀座カラーに関していろいろ書きます
電気シェーバー
電気シェーバーを使って脱毛すると、手軽にできて、あまり肌への負担はかかりません。
レーザー脱毛
レーザーを使った脱毛は、脱毛を望む部位にレーザーを当ててもらい、ムダ毛を生成する組織をつぶしてしまうメソッドです
ケノン
家庭用の脱毛器ケノンは、派手なCMなどは見かけませんが、楽天市場の脱毛器ランキングで160週間ずっと首位をキープしつづけています。
泡脱毛
ソイエやアミューレで知られる脱毛器は、泡脱毛で処理することになります。